つくる

新着ニュース

移住者相次ぎ活性化  若返った生産者  連載「きゅうりタウン構想 徳島・海部の挑戦」4回続きの(1)  高橋翼 徳島新聞記者の写真

移住者相次ぎ活性化  若返った生産者  連載「きゅうりタウン構想 徳島・海部の挑...

 農業を取り巻く環境は厳しく、後継者不足が深刻化している。基幹産業である地方は人口減少が加速する。キュウリ産地の存続と地域活性化を目指す徳島県海部郡の挑戦を追った。  清流として知られる海部川と、ホタルの名所で有名な母川に挟まれる一帯(海陽町野江)は近年、ビニールハウスが増えてい...

育成権者保護に舵切る種苗法改正  農業者保護とのバランス重要  清水豊 矢野経済研究所フードサイエンスユニット理事研究員の写真

育成権者保護に舵切る種苗法改正  農業者保護とのバランス重要  清水豊 矢野経済...

 国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じる「種苗法改正案」が、今国会で成立する見通しとなった。 ...

7割が巣ごもり消費に対応  加工食品製造業のコロナ対応  矢野経済研究所調べの写真

7割が巣ごもり消費に対応  加工食品製造業のコロナ対応  矢野経済研究所調べ

 矢野経済研究所がこのほど発刊した市場調査資料「食品製造業における新型コロナウイルスの影響分析、将来予測」によると、加工食品製造業者46社に「コロナ禍による生活様式の変化に対応して今後取り組む事業・商品展開」を尋ねたところ、「巣ごもり消費への対応」との回答が33社(71.7%)と最も多かった。...

イバラキ最下位脱出で「冬野菜感謝祭」  JAグループ茨城、銀座での写真

イバラキ最下位脱出で「冬野菜感謝祭」  JAグループ茨城、銀座で

 JAグループ茨城は25日、茨城県が今年の都道府県魅力度ランキングで最下位を脱出したことを記念して、県産の冬野菜詰め合わせやイチゴを特別販売するイベント「茨城を食べよう 冬の野菜大感謝祭」を、東京・銀座の県アンテナショップ「IBARAKI sense」で開いた。26日まで。  鍋...

観光農園フランチャイズ計画に最優秀賞  若手農業者のビジネスプラン表彰  農業経営大学校の写真

観光農園フランチャイズ計画に最優秀賞  若手農業者のビジネスプラン表彰  農業経...

 農業経営者育成の専門教育機関である日本農業経営大学校(東京都港区、堀口健治校長)は19日、3年以上の農業経験を経た卒業生が作成した経営計画案を表彰する「ビジネスコンテスト」の最終プレゼンテーションと審査、発表を行った。  最優秀賞(賞金200万円)は中村美紗さん(福岡県久留米市...

業務用洗濯機で畜産農家の作業軽減  JA三井リースの写真

業務用洗濯機で畜産農家の作業軽減  JA三井リース

 JA三井リースは、畜産農家向けに業務用の洗濯機をリースする事業を本格化する。  畜産農家では、作業衣やタオルなど洗濯物が多い。業務用の洗濯・乾燥機は、一般家庭用と比べて大幅に作業時間を短縮できる。家畜伝染病の予防を含む衛生管理を徹底できるほか、頑丈で長持ちするという。 ...