食べる

嗜好品

モダンな茶館が人気 中国 健康志向の高まりで若者集う  NNAの写真

モダンな茶館が人気 中国 健康志向の高まりで若者集う  NNA

中国で茶文化を体験できる「茶館」が若者の間で人気を集めている。おしゃれな空間を演出する新しいタイプの店舗の開設が相次いでいるほか、健康志向の高まりや社交性を重視する若年~青年層が増えていることも茶館の需要拡大に拍車をかける。茶館の利用が若者の間でも浸透し始めたことで、ミルクティーなどを販売するドリ...

即席コーヒー市場が成長 文化根付く流れが追い風に 中国  NNAの写真

即席コーヒー市場が成長 文化根付く流れが追い風に 中国  NNA

中国各地でコーヒー文化が根付きつつある中、手軽に利用できるインスタントコーヒー市場も伸びる流れにある。コーヒーチェーン各社が地方への出店を加速していることや生活リズムが速くなっていることなどがインスタント製品の利用を促す大きな追い風。中国のインスタントコーヒー市場は2026年に22年から2倍以上の...

企画展「JOZOO-醸造と発酵のせかい-」開催 東京農大 来年4月6日までの写真

企画展「JOZOO-醸造と発酵のせかい-」開催 東京農大 来年4月6日まで

東京農業大学の醸造科学科展「JOZOO -醸造と発酵のせかい-」が、「食と農」の博物館(東京都世田谷区上用賀2-4-28)で12日から開催している。醸造や発酵について作り手、微生物、原料、歴史、科学などさまざまな角度から学べる。入場は無料、来年4月6日まで。 醸造と発酵は、酒、味噌、醤油、漬物、チ...

ワインに挑戦する来福酒造 連載「農大酵母の酒蔵を訪ねて」第17回  稲田宗一郎 作家の写真

ワインに挑戦する来福酒造 連載「農大酵母の酒蔵を訪ねて」第17回  稲田宗一郎 ...

原料米と酵母にこだわる来福酒造(茨城県筑西市)の10代目の当主、藤村俊文氏が酒造に使う「花酵母」とは何でしょうか。もともと酵母は、酒蔵に住んでいる酵母から採取されていましたが、バイオ技術が進歩し、酵母を人工的に変化(変異株の造成)させ特定の醸造能力を高める酵母に移りつつあります。 東京農業大学短期...

 300年の歴史の中に 茨城県筑西市の来福酒造 連載「農大酵母の酒蔵を訪ねて」第16回  稲田宗一郎 作家の写真

300年の歴史の中に 茨城県筑西市の来福酒造 連載「農大酵母の酒蔵を訪ねて」第...

1716年に1人の近江商人が江戸幕府に酒を献上しようとこの地を訪ねた。「近江屋」と言う屋号の藤村本家の4代目だった。当時、この地域を取りまとめていた地主「尾見家」が、4代目の「近江屋」を受け入れ、土地を譲ってくれたのが来福酒造の始まりだ。 当主の藤村本家は、8代目までは近江(現滋賀県日野町)に住み...

「プリンセスミチコ」11蔵が勢ぞろい 東京農大開発の花酵母使用の写真

「プリンセスミチコ」11蔵が勢ぞろい 東京農大開発の花酵母使用

「めぐみネット」で連載中の作家・稲田宗一郎さんのルポ「農大酵母の酒蔵を訪ねて」で取り上げている、花酵母のプリンセスミチコで仕込まれた全国の純米吟醸酒が勢ぞろいした。 プリンセスミチコは、美智子上皇后が皇太子妃の時に英国から献呈されたオレンジ色のバラで、この花弁を使って東京農大が2017年、中田久保...