食べる

新着ニュース

AI活用、進化する食品検査装置  人手不足対策や「匠の技」維持での写真

AI活用、進化する食品検査装置  人手不足対策や「匠の技」維持で

 「1台でナッツの外観から成分、内部まで不良品を検出」「1000通り以上ある商品ラベルと製品の組み合わせを目視検品する負荷を90%以上削減」「かつお節の品質検査に〝匠の熟練の技〟を再現」...。少子高齢化が進む中、熟練の検査員の人手不足に直面...

エゴマの力でふるさと再生  福島、浪江を拠点に  山田昌邦 共同通信福島支局長の写真

エゴマの力でふるさと再生  福島、浪江を拠点に  山田昌邦 共同通信福島支局長

 単身赴任生活に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり状態も長引き、腹回りが気になってきた。中性脂肪の合成を抑えたり、代謝を促したりといった効果が期待できるというので、最近は「オメガ3脂肪酸」を多く含むエゴマ油入りドレッシングを使っている。  福島市の石井絹江さん(69...

いのちを食べている実感   高校生がシカ肉調理実習  畑中三応子 食文化研究家の写真

いのちを食べている実感   高校生がシカ肉調理実習  畑中三応子 食文化研究家

 国産ジビエ(野生鳥獣の肉)の活用推進と普及につとめている日本ジビエ振興協会代表理事、フランス料理シェフの藤木徳彦さんがさる4月30日、東京・世田谷区の駒場学園高校食物調理科3年生に、ジビエの1日授業を行った。  授業は野生鳥獣による農作物被害の説明で始...

大豆加工品取りそろえ  仙台三越にアンテナショップの写真

大豆加工品取りそろえ  仙台三越にアンテナショップ

 豆腐や納豆など大豆製品を製造・販売する太子食品工業(青森県三戸町)は、仙台市にある「仙台三越店 定禅寺通り館」地下1階に大豆加工品を販売するアンテナショップを出店した。  大豆加工品の専門店で、「伝統」「新しい」をコンセプトに、豆腐などのオリジナル商品を中心に販売する。「国産大...

思い出を繕う「金継ぎ」  器に再び命を吹き込む  タカコナカムラ ホールフード協会代表理事の写真

思い出を繕う「金継ぎ」  器に再び命を吹き込む  タカコナカムラ ホールフード協...

 「金継ぎ」は壊れた器を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法を指します。「金繕い」ともいわれています。コロナ禍で在宅時間が増え、始める人も増えています。  歴史はかなり古く、縄文時代の出土品に漆で修理をしたものが発見されています。本格的には室町時代のお茶の文...

清涼飲料水「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」  JA全農と伊藤園が共同開発の写真

清涼飲料水「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」  JA全農と伊藤園が共同開発

 全国農業協同組合連合会(JA全農)と伊藤園は、清涼飲料水「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」を共同開発し、6月7日に発売する。日向夏のスッキリとしたおいしさとさわやかな香りが楽しめる。果汁1%。  日向夏(ヒュウガナツ)は、内側の白い皮ごと食べるとほのかに甘いミカンで、地元では知...