つくる

団体・JA

課題を象徴する漢字は「再」  中家徹JA全中会長が年頭会見の写真

課題を象徴する漢字は「再」  中家徹JA全中会長が年頭会見

全国農業協同組合中央会(JA全中)の中家徹会長は13日の年頭記者会見で、2022年の課題を象徴する漢字1文字として「再」を掲げた。 新型コロナウイルスの感染拡大で失われたものを回復する「再生」、「再生可能エネルギー」など持続可能な開発目標(SDGs)に向けた取り組みの強化、「再出発」する意気込みで...

青果物物流でファーマインドと資本提携  JA全農と農林中金の写真

青果物物流でファーマインドと資本提携  JA全農と農林中金

全国農業協同組合連合会(JA全農)と農林中央金庫は6日、青果物流通大手のファーマインド(東京)と資本提携したと発表した。全農グループとファーマインドが相互に青果物の物流インフラを活用し、農産物輸出を含めた物流を効率化するのが狙い。 ファーマインドは全国14カ所に青果センターを置いてコールドチェーン...

沖縄のコーヒー生産など7事業に  農林水産業みらい基金の助成決定の写真

沖縄のコーヒー生産など7事業に  農林水産業みらい基金の助成決定

創意工夫により課題の克服に挑む農林水産業者を支援する「農林水産業みらい基金」(東京)は20日、2021年度の助成対象事業7件を決定したと発表した。助成総額は7億3527万円。 この基金は14年3月に農林中央金庫が200億円を拠出して設立。本年度の助成事業は5~6月に一般公募し、全国から計171件の...

農業は成長戦略の草刈り場か  参院選へ議論を  小視曽四郎 農政ジャーナリストの写真

農業は成長戦略の草刈り場か  参院選へ議論を  小視曽四郎 農政ジャーナリスト

10月末の総選挙後、知り合いの農業関係者の口ぶりは総じてさえない。「選挙が終わって政府や自民党はコメ問題はもう終わったような気でいる」「規制改革会議は改組といったのに何もなし。これじゃ票だけもらう、やるやる詐欺だ」などのボヤき節だ。 9年近い「安倍・菅」政権による、新自由主義の弊害からの転換だの、...

ミルクティーで酪農応援  全農、年末年始の需要期待の写真

ミルクティーで酪農応援  全農、年末年始の需要期待

全国農業協同組合連合会(JA全農)は、乳飲料「ミルクティー」(写真、オープン価格)を売り出した。国産牛乳を1缶の内容量275㌘に対し50%以上とたっぷり使い、茶葉は箱根山麓一帯(神奈川県北西部)で生産する緑茶品種茶葉を原料とする苦みが少ない「箱根山麓紅茶」を使用した。牛乳のコクが口に広がり、紅茶の...

農家との対話、年49万回  JA全農がTAC活動報告会の写真

農家との対話、年49万回  JA全農がTAC活動報告会

全国農業協同組合連合会(JA全農)は11月17日から、農協の職員が農家を訪問して経営課題の解決を図る活動の報告会「TACパワーアップ大会2021」を、横浜市内のホテルを主会場にオンラインを併用して開催した。 TACは英語のTeam for Agricultural Coordinationの頭文字...