グローバル

ウクライナ停戦と報道の自由を求める  国際農業ジャーナリスト連盟が声明

2022.03.10

ウクライナ停戦と報道の自由を求める  国際農業ジャーナリスト連盟が声明の写真

 約60カ国・地域の記者らが参加する国際農業ジャーナリスト連盟(IFAJ、事務局カナダ・ケベック)は10日、「ウクライナの人々に対する攻撃を直ちに停止し、報道の自由が回復することを強く促す」とする声明を発表した。  

 声明は、ウクライナとロシアで起きている身体的な危害や報道活動の制約に強い懸念を示した上で「ウクライナは食料と家畜の大生産国であるとともに主要な輸出ハブ(中軸)であり、報道の抑圧、記者の活動や自由な表現に対する制限は、世界規模で破壊的な影響をもたらす」と指摘。

 ウクライナは間もなく春の作付け時期を迎える。これ以上の人道的な危機、食料不足や飢餓、国際的な農業生産や供給不足を回避するため、農業関係者は「ニュース、技術的識見、経済情報を必要としている」と強調した。

最新記事