つくる

団体・JA

被災格差が拡大  福島と宮城・岩手  農中総研が震災フォーラムの写真

被災格差が拡大  福島と宮城・岩手  農中総研が震災フォーラム

株式会社 農林中金総合研究所は10日、フォーラム「東日本大震災から10年~持続可能な農業と地域の再生に向けて」をオンラインで開催した。 斉藤由理子特別理事研究員(写真右)が「震災復興における農業構造の変化とJAの役割」と題して講演、宮城県沿岸部の津波被災地では経営規模の拡大、法人化など多様な構造改...

荒廃林再生9事業への助成決定  農中もりぢから基金の写真

荒廃林再生9事業への助成決定  農中もりぢから基金

農林中央金庫は10日、荒廃林の再生事業に助成する「農中森力基金(公益信託農林中金森林再生基金)」の2020年度の対象案件9件を発表した。(写真はイメージ) この「森力(もりぢから)基金」は、林業の課題となっている事業集約化や搬出間伐(伐採した木や枝を運び出し再利用する間伐)を進めるため、荒廃林の再...

「Fish-1グランプリ」丼お取り寄せで投票  22日からオンライン開催、JFグループの写真

「Fish-1グランプリ」丼お取り寄せで投票  22日からオンライン開催、JFグ...

魚料理の日本一を投票で選ぶ「Fish-1グランプリ」が1月22日から2月26日まで、オンラインで開かれる。通販サイト「JFおさかなマルシェ ギョギョいち」で漁師自慢の魚や地魚を使った丼を取り寄せ、自宅で食べて投票する。 全国漁業協同組合連合会などJFグループ(漁連・漁協)は例年、11月に東京・日比...

市来農芸高(鹿児島)に最優秀賞  和牛甲子園、オンラインで開催の写真

市来農芸高(鹿児島)に最優秀賞  和牛甲子園、オンラインで開催

授業やクラブ活動の一環で和牛を肥育している全国の高校生が、和牛肥育の取り組みを発表して枝肉の肉質を競い合う第4回の「和牛甲子園」が15日、オンラインで開かれ、総合評価部門の最優秀賞を鹿児島県立・市来農芸高校(いちき串木野市)が前回に続き受賞した。 全国農業協同組合連合会(JA全農)が主催する和牛甲...

今年の漢字は「結」  JA全中の中家会長の写真

今年の漢字は「結」  JA全中の中家会長

全国農業協同組合中央会(JA全中)の中家徹会長は7日、新年の抱負を表す漢字1文字として「結」を挙げた。新型コロナ禍の終結、組織の結集、努力の結実、助け合いの結(ゆい)、結果を出す―の5つの意味を込めたという。 この日予定していた年頭会見で公表する予定だったが、新型コロナウイル感染対策として首都圏に...

「養液土耕」に挑む  ハウス整備費の負担減へ  連載「きゅうりタウン構想 徳島・海部の挑戦」4回続きの(4)  高橋翼 徳島新聞記者の写真

「養液土耕」に挑む  ハウス整備費の負担減へ  連載「きゅうりタウン構想 徳島・...

徳島県海部郡で進められている「きゅうりタウン構想」は、2015年度のスタートから5年が過ぎた。構想は10年間。折り返しを迎えた。 海部郡内3町、県、JAかいふでつくる海部次世代園芸産地創生推進協議会が、10年後の目指す姿として掲げた数値目標は▽栽培面積10㌶(15年度5.6㌶)▽10㌃当たりの収穫...