つくる

団体・JA

塩分ゼロの大豆発酵食品  JA全農「発酵そみファ」の写真

塩分ゼロの大豆発酵食品  JA全農「発酵そみファ」

JA全農の子会社である株式会社全農ビジネスサポート(東京)と山印醸造株式会社(東京)は、塩分ゼロの大豆発酵食品「発酵そみファ」を共同で開発し、31日からJA全農が運営するネット販売サイト「JAタウン」で予約販売を開始した。7月から順次出荷する。300㌘6個入りケースで3240円(税込み・送料別)。...

ESG投融資10兆円に  農林中金、持続可能な社会を目指すの写真

ESG投融資10兆円に  農林中金、持続可能な社会を目指す

農林中央金庫は26日、2030年度までの10年間にESG(環境・社会・企業統治)型の投融資を累計10兆円に拡大すると発表した。投融資先の企業が持続可能な社会を目指すよう促すのが狙い。(写真:同社HPより) 気候変動などの解決に取り組む企業に投融資するほか、国内外のグリーン債などの金融商品を購入する...

直営飲食店を熊本、福岡に  JA全農の写真

直営飲食店を熊本、福岡に  JA全農

全国農業協同組合連合会(JA全農)は、直営店舗「みのる食堂」を熊本市、同「みのりカフェ」を福岡市に、いずれも4月下旬にオープンした。 みのる食堂の「アミュプラザくまもと店」は、アミュプラザくまもと6階。熊本県産米「森のくまさん」を羽釜で炊いたご飯やブランド黒毛和牛「和王」など熊本産食材をふんだんに...

米粉と国産農産物を素材に  かりんとう「こめカリッ」、JA全農が発売の写真

米粉と国産農産物を素材に  かりんとう「こめカリッ」、JA全農が発売

全国農業協同組合連合会(JA全農)は、米粉と国産農産物を素材にした「かりんとう」を、「ニッポンエール/こめカリッ」として全国のスーパーやコンビニで発売した。 新潟県産米の米粉を使用し、油を吸いにくいため、さっぱりした仕上がりでヘルシー。フレーバーとして米粉生地と相性のよい北海道産のタマネギを使用し...

22自治体でジビエ連絡協議会  振興へ施策提言  会長に平井鳥取県知事の写真

22自治体でジビエ連絡協議会  振興へ施策提言  会長に平井鳥取県知事

鳥取県、山梨県など全国22の自治体は20日、シカやイノシシなど野生の鳥獣を食材として活用するジビエを振興して地方創生を目指すため、新組織「ジビエ振興自治体連絡協議会」を設立した。 この日、オンラインで設立総会を開き、会長に選出された鳥取県の平井伸治知事(写真=モニター画面内)は「よちよち歩きのジビ...

飲食と小売りで明暗  20年7~12月の食品産業DI  日本公庫調査の写真

飲食と小売りで明暗  20年7~12月の食品産業DI  日本公庫調査

(写真はイメージ) 日本政策金融公庫が1月に実施した「食品産業動向調査」によると、2020年7~12月期の景況DI(「良い」という回答の割合から「悪い」という回答の割合を差し引いた数値)は、前回調査(同年1~6月期)から17.1㌽改善し、マイナス24.5だった。 過去最悪だった前期を脱して持ち直しの...