グローバル

NNA

酒や調味料売り込み  北京で日本食品の商談会  NNAの写真

酒や調味料売り込み  北京で日本食品の商談会  NNA

日本貿易振興機構(ジェトロ)は8日、北京市で日本食品の中国での販路拡大を目指す商談会を開いた。食品メーカーや地方自治体が酒や調味料などをアピールし、北京や周辺地域から訪れた飲食店や卸など流通関係者らに日本の味を売り込んだ。 商談会には39社・団体が参加し、来場者数は約800人に上った。長崎県はキン...

パーム付加価値油2割増産へ  日清オイリオのマレーシア現法、品質上げ拡販  NNAの写真

パーム付加価値油2割増産へ  日清オイリオのマレーシア現法、品質上げ拡販  NN...

日清オイリオグループのマレーシアの現地法人でパーム付加価値油(スペシャリティーファット)の製造・販売を手がけるインターコンチネンタル・スペシャルティー・ファッツ(ISF)は2027年までに、年間の生産量を現在より2割弱多い70万㌧に引き上げることを目指す。 パーム関連品は主要顧客の欧州が、ESG(...

輸出伸びる牛肉、梅酒  タイ向け、食品見本市で日本企業売り込み  NNAの写真

輸出伸びる牛肉、梅酒  タイ向け、食品見本市で日本企業売り込み  NNA

空前の日本食ブームが続くタイで、日本企業が食品の売り込みを強化している。日本の農林水産物・食品の輸出先でトップ10に入るタイでは水産品の人気が高いほか、牛肉、梅酒を中心とするリキュール・コーディアル、緑茶(抹茶)などの輸出が大幅に伸びている。 特に牛肉の輸出額は昨年に8割、リキュール・コーディアル...

友情がつなぐ55年  香港のロングセラー「蟹王麺」  NNA  の写真

友情がつなぐ55年  香港のロングセラー「蟹王麺」  NNA  

香港で1968年に発売された袋入り即席麺の「蟹王麺」。一部のファンに支えられた知る人ぞ知る存在だが、香港の即席麺市場では最古参とされる歴史を持つ。日本にはないこの商品を、イトメン(兵庫県たつの市)はなぜ半世紀以上も昔から製造してきたのか。同社の伊藤充弘社長に香港からオンラインで話を聞いたところ、見...

香港のファンが支える「蟹王麺」  1968年発売、食感が魅力  NNAの写真

香港のファンが支える「蟹王麺」  1968年発売、食感が魅力  NNA

「蟹王麺」をご存じだろうか。兵庫県たつの市の食品メーカー、イトメンが製造する香港限定の袋入り即席麺。その歴史は香港で即席麺の代名詞となった日清食品の「出前一丁」をも超えるという、当地の市場を切り開いてきたロングセラー商品だ。にもかかわらず、知名度は香港っ子の間でもいまひとつ。独特の立ち位置を守りな...

ツナ缶の輸出好調  タイ、カツオ高騰は課題に  NNAの写真

ツナ缶の輸出好調  タイ、カツオ高騰は課題に  NNA

タイの主要産業の1つであるツナ缶の輸出が好調だ。輸出額では世界トップ。新型コロナウイルス感染症の流行で落ち込んでいた観光業や加工工場の稼働率の回復などもあり、2022年は前年比で2割増と、例年並みの水準に戻った。一方で、業界各社は収益源の多角化に向け、ペットフードなど付加価値の高い事業にも力を入れ...