グローバル

アフリカ

食文化への適合も背景に  新作物ライコムギの受け入れ   連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第11回の写真

食文化への適合も背景に  新作物ライコムギの受け入れ   連載「アフリカにおける...

 筆者はエチオピア南部ガモ高地の中腹部に位置するドルゼ村で、近年栽培の広がっているライコムギを対象に、その栽培と利用の実態を明らかにしようと調査を行ってきた。(写真上:収穫期を迎えたライコムギ=2018年1月、下山花撮影)  ラ...

高収量品種の導入で成果  エチオピア、種保存では課題  連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第10回の写真

高収量品種の導入で成果  エチオピア、種保存では課題  連載「アフリカにおける農...

 連載の第3回では南アフリカを事例に、化成肥料や改良品種、灌漑(かんがい)などの「農業投入財」の普及が単収増加をもたらしたことを紹介した。ほかのアフリカの国では高投入の農業をめぐり...

受け入れられる契約農業   リスク回避策として選択  連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第9回   の写真

受け入れられる契約農業   リスク回避策として選択  連載「アフリカにおける農の...

 前回(第8回)は契約農業の歴史や構造、特徴について概観した。今回は現地の状況をまとめ、アフリカの契約農業の実態に迫りたい。(写真:サヤインゲンの出荷...

小規模農家に利益もたらす?  広がる契約農業  連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第8回の写真

小規模農家に利益もたらす?  広がる契約農業  連載「アフリカにおける農の現在(...

 前回(第7回)は、アフリカで近年見られる傾向として、高付加価値の野菜輸出が増加していることに注目した。アフリカから輸出される農作物は、大規模農場で生産されるものもあるが、小規...

高付加価値野菜の輸出が拡大  豆類や半加工食品、欧州・アジアへ  連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第7回の写真

高付加価値野菜の輸出が拡大  豆類や半加工食品、欧州・アジアへ  連載「アフリカ...

 連載の第2回で、アフリカの農作物輸出について概観し、コーヒーやカカオなどの従来の輸出産品と比較して、野菜や果物がより急速に増加していることに触れた。アフリカの輸出全体の規模が小...

広がったキャッシュ・フォー・ワーク  被支援者の主体性強化   連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第6回の写真

広がったキャッシュ・フォー・ワーク  被支援者の主体性強化   連載「アフリカに...

 連載の前回(第5回)はアフリカの国々の購買力の向上によって、食料援助の流入が減少していることを明らかにした。しかし食料援助の減少にはもう一つの要因がある。それは国際的な動向に沿っ...