暮らす

コミュニティー

地域と学校つなぐ生徒たち  高校の「総合的な探求の時間」  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

地域と学校つなぐ生徒たち  高校の「総合的な探求の時間」  陣内純英 西海みずき...

 学校の教科に「総合的な探究の時間」というのがある。自己の 在り方や生き方を考えながら、課題を発見し解決していくための資質・能力を育成すること、つまり、生きる力を育むことを目指している。高校では、地域課題をテーマとしたプロジェクトに取り組むことも多い。  素晴らしい教科だが、指導する先生方には並々な...

地域再生大賞に鹿児島「花の木農場」  準大賞に北海道、長崎の写真

地域再生大賞に鹿児島「花の木農場」  準大賞に北海道、長崎

 地方新聞46紙と共同通信が、地域活性化の取り組みを表彰する「第13回 地域再生大賞~創ろう新時代、希望掲げて」の各賞50団体が28日決まり、大賞(副賞100万円)に多くの障害者らが農作物栽培などを担う「花の木農場」(鹿児島県南大隅町)が輝いた。  花の木農場は過去に非行に走った人らも含めて社会参加...

復活なるか音楽あふれる街  佐世保、エンタメ再構築を  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

復活なるか音楽あふれる街  佐世保、エンタメ再構築を  陣内純英 西海みずき信用...

 佐世保にUターンして5年になるが、コロナ禍もあって夜の街を深く探訪することはなかった。「それはもったいない」と、同窓生が行きつけのライブバーに連れて行ってくれた。華やかな照明の中で専属バンドがアメリカンオールディーズのナンバーを次々と演奏する。常連さんや米海軍のお客さんとノリノリでスイングした。(...

農福連携の有機卵増産など6事業に  農林水産業みらい基金の助成決定の写真

農福連携の有機卵増産など6事業に  農林水産業みらい基金の助成決定

 創意工夫で課題に挑む地域の農林水産業者を支援する「農林水産業みらい基金」(東京)は20日、2022年度の助成対象事業6件を決定したと発表した。助成総額は9億3784万円。  同基金は14年3月に農林中央金庫が200億円を拠出して設立。22年度の助成事業は5月14日~6月30日に一般公募し、全国から...

会食の実施まだ48%  こども食堂、設置7331カ所にの写真

会食の実施まだ48%  こども食堂、設置7331カ所に

 認定NPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」(湯浅誠理事長)は15日、地域のボランティアらが運営し、無料または低額で子どもに食事を提供する全国の「こども食堂」にアンケートしたところ、一緒に食べる会食形式で実施しているとの回答が48.8%にとどまったと発表した。(写真・グラフ:むすびえ提供...

地域ぐるみで考える時代に  空き家、20年で5割増  沼尾波子 東洋大学教授の写真

地域ぐるみで考える時代に  空き家、20年で5割増  沼尾波子 東洋大学教授

 住宅・土地統計調査によれば、空き家は2000年の576万戸から20年の849万戸へと約1.5倍に増加している。その中でも、別荘などの2次利用や、賃貸・売却予定などがない「その他空き家」が349万戸あり、これが管理不全になるリスクが大きい空き家とされている。  この「その他空き家」は全国住宅ストック...