暮らす

コミュニティー

「農家のリアル」笑って学ぶ  「食と農」の博物館「荒川弘〈百姓貴族〉× TOKYO NODAI 2022」の写真

「農家のリアル」笑って学ぶ  「食と農」の博物館「荒川弘〈百姓貴族〉× TOKY...

 東京農業大学(江口文陽学長)の「食と農」の博物館(東京都世田谷区)は14日、荒川弘の漫画「百姓貴族」の複製原画などを展示して農家・農業の現状を伝える「荒川 弘〈百姓貴族〉× TOKYO NODAI 2022」をスタートした。  「百姓貴族」は同展の共催者である新書館の隔月刊誌「ウィングス」に連載中...

有機農業「面」に広げる  金子美登さん死去  共同通信アグリラボ所長 石井勇人の写真

有機農業「面」に広げる  金子美登さん死去  共同通信アグリラボ所長 石井勇人

(有機農場での金子美登さん=2008年3月27日、埼玉県小川町)  農薬や化学肥料を使わない有機農業の第一人者で、しもざと有機野菜塾(埼玉県小川町)を運営してきた金子美登(かねこ・よしのり)さんが9月24日、心筋梗塞のため死去した。74歳だった。農場の見回りに出掛け、軽ワゴンの運転席で倒れていたとい...

農業政策の総点検が不可欠  基本法改正を急ぐ前に  アグリラボ所長コラムの写真

農業政策の総点検が不可欠  基本法改正を急ぐ前に  アグリラボ所長コラム

 農業政策の憲法とも言われる「食料・農業・農村基本法」の改正に向けた検討が始まった。しかし、基本法自体に問題があるのか、同法を運用する側に問題があるのかは、慎重な見極めが必要だ。改正の大前提として、基本法が施行されてから20年余りの農業政策の功罪を総点検する必要がある。  岸田文雄首相は9月9日に官...

集落を体験する  奄美大島の大和村  沼尾波子 東洋大学教授の写真

集落を体験する  奄美大島の大和村  沼尾波子 東洋大学教授

 2021年7月、奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島の4地域は世界自然遺産に認定された。常緑広葉樹多雨林に覆われた亜熱帯性気候を有するこの地域は、世界の生物多様性ホットスポットの一つともいわれ、多くの固有種や絶滅危惧種が生息する。  先日、その奄美大島にある大和村(やまとそん)を訪問する機会を得た...

プロモーションのすすめ  地域盛り上げるまちの情報  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

プロモーションのすすめ  地域盛り上げるまちの情報  陣内純英 西海みずき信用組...

 私の妻が住む新潟県燕三条には、ローカル情報専門の日刊紙が大小2、ネットニュースが一つある。中小企業のまち燕三条では、産地内で分業体制をとっていて企業の横のつながりが強い。身近なまちの情報は経営の必須アイテムだ。日刊紙の一つは、普通の大きさ(ブランケット判)で10面あり、家庭でも購読されている。長崎...

市役所前に「子ども食堂応援自販機」  ダイドードリンコ、御殿場市と協定の写真

市役所前に「子ども食堂応援自販機」  ダイドードリンコ、御殿場市と協定

 ダイドードリンコ(大阪市)は、包括連携協定を締結した静岡県御殿場市の御殿場市役所本庁舎出入口付近に「子ども食堂応援自動販売機」(写真右)を設置した。   子どもに関する施策や地域活性化の推進を図るため、静岡県御殿場市と締結した「包括連携協定」の取り組みの一環として設けた。自販機の売上金の一部は、御...