つくる

塩分ゼロの大豆発酵食品  JA全農「発酵そみファ」

2021.05.31

塩分ゼロの大豆発酵食品  JA全農「発酵そみファ」の写真

 JA全農の子会社である株式会社全農ビジネスサポート(東京)と山印醸造株式会社(東京)は、塩分ゼロの大豆発酵食品「発酵そみファ」を共同で開発し、31日からJA全農が運営するネット販売サイト「JAタウン」で予約販売を開始した。7月から順次出荷する。300㌘6個入りケースで3240円(税込み・送料別)。

 国産大豆、国産の米、こうじ菌を使って、みそ(味噌)と同様に発酵・熟成させて造るが、食塩を使用しないため「味噌」と表示できず、新しい概念の食品「発酵そみファ」と名付けて売り出す。「味噌-塩+α」という意味が込められているという。

 塩分摂取を控えるためのみその代用だけでなく、あんこやヨーグルトと混ぜてデザートとして食べるなど、さまざまな楽しみ方が可能。アルコールを含んでおり、子どもや妊娠中・授乳期、自動車などを運転する人は注意が必要。

最新記事