食べる

新着ニュース

冷凍食品出荷、家庭用が大幅増  2020年、業務用上回るの写真

冷凍食品出荷、家庭用が大幅増  2020年、業務用上回る

 日本冷凍食品協会が21日発表した2020年の家庭用冷凍食品の国内出荷額(速報値)は、前年比18.5%増の3749億円と過去最高となった。「巣ごもり需要」が押し上げたとみられる。(写真はイメージ)  一方で業務用は14.1%減の3279億円と、1986年以来の低水準に落ち込んだ。...

「毎日食べられる」ブランド守る  コロナ禍で安心求める消費者に  信州ハム・宮坂社長インタビューの写真

「毎日食べられる」ブランド守る  コロナ禍で安心求める消費者に  信州ハム・宮坂...

 1947(昭和22)年に前身の久保商店が設立されてから、信州・上田でハム・ソーセージを作り続けて75年目を迎える信州ハム(本社・長野県上田市)。コロナ禍で大きく変わる食品市場への対応について、宮坂正晴社長に話を聞いた。  ―新型コロナウイルス感染拡大で食生活が大...

だしパック付きカップめん発売  明星食品の写真

だしパック付きカップめん発売  明星食品

 明星食品(東京都渋谷区) は、カップめん「明星 麺とスープだけ 黄金鶏油(おうごんチーユ)中華そば」を発売した。希望小売価格は230円(税別)。  麺を湯で戻す間、枕崎産かつお節粉末や、利尻産利尻昆布粉末などが入った「だしパック」をカップの中に入れて、魚介だしをとる。徳島県産の...

コロナ禍で変わるパン消費  家庭用、業務用で明暗  加藤肇 矢野経済研究所フードサイエンスユニット特別研究員の写真

コロナ禍で変わるパン消費  家庭用、業務用で明暗  加藤肇 矢野経済研究所フード...

 2020年春先から拡大した新型コロナウイルス感染症は国内で大流行し、4月の緊急事態宣言発令以降、国内景気は急速に悪化した。緊急事態宣言解除後は、旅行や飲食を対象としたGoToキャンペーンをはじめ、政府によるさまざまな経済対策の効果もあって、国内景気は徐々に回復に転じたが、11月以降は再び後退...

7月30日は「消費生活協同組合の日」  日本生協連が登録の写真

7月30日は「消費生活協同組合の日」  日本生協連が登録

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は13日、毎年7月30日を「消費生活協同組合の日」として登録したと発表した。消費生活協同組合法(生協法)の公布日である1948(昭和23)年7月30日に基づいて一般社団法人日本記念日協会に申請し、認められた。(写真=生協法の施行を知らせるポスター)...

カルピスをすし酢代わりに  塩分控えめ、心疾患児向けレシピ公開の写真

カルピスをすし酢代わりに  塩分控えめ、心疾患児向けレシピ公開

 すし酢の代わりに乳酸菌飲料のカルピスを使うと、塩分をカットしつつ甘酸っぱさを表現できますー。  循環器の専門病院である榊原記念病院(東京都府中市)と日清医療食品(東京都千代田区)が、先天性心疾患の子どもと家族向けに、栄養バランスが取れた料理のレシピや「食育」に関する講演を紹介す...