食べる

小売り

〝安心〟発信の拠点、「浜の駅」  山田昌邦 共同通信福島支局長の写真

〝安心〟発信の拠点、「浜の駅」  山田昌邦 共同通信福島支局長

 21年ぶりに訪れた浜は、記憶の風景と結び付かなかった。  宮城県境に近い、福島県相馬市の松川浦漁港で1999年秋、「全国豊かな海づくり大会」が現在の上皇ご夫妻も出席して開催され、当時、宮内庁担当だった私はご夫妻がヒラメの稚魚を放流される様子などを取材していた。  ...

ストローへのバイオマスプラスチック配合開始  明治、飲料商品での写真

ストローへのバイオマスプラスチック配合開始  明治、飲料商品で

 明治はプラスチックごみによる海洋汚染の社会課題解決に向け、飲料商品に付けているストローを2月から順次、バイオマスプラスチックを配合したものに切り替えると20日発表した。  同社が「明治おいしい牛乳」「ザバスMILK PROTEIN」などの<...

自販機台数ことしは2.4%減へ  新規設置進まず、22年に400万台割れか  矢野経済研究所  の写真

自販機台数ことしは2.4%減へ  新規設置進まず、22年に400万台割れか  矢...

 矢野経済研究所がこのほど発刊した市場調査資料「自販機ビジネスの現状と将来展望(2020年版)」によると、20年末時点の自動販売機・自動サービス機の普及台数は405万台と、前年に比べ2.4%...

国産農畜産物の生産拡大で業務提携  JA全農と日清製粉Gの写真

国産農畜産物の生産拡大で業務提携  JA全農と日清製粉G

 全国農業協同組合連合会(JA全農)と日清製粉グループ本社(日清製粉G)は17日、小麦など国産農畜産物の安定的な供給・調達を図るため業務提携すると発表した。  また、より効果的な業務提携のため、JA全農と農林中央金庫は両者で、日清製粉Gの発行済株式総数の約1%相当の普通株式を取得...

外食産業・コンビニ向け振るわず  加工食品市場、20年度1.1%減へ  矢野経済研究所の写真

外食産業・コンビニ向け振るわず  加工食品市場、20年度1.1%減へ  矢野経済...

 矢野経済研究所がこのほど発刊した市場調査資料「2020年版 食品産業年鑑 品目別動向編」によると、2020年度の国内加工食品市場規模(メーカー出荷金額ベース)は29兆3406億円と、前年度に比べ1.1%減少する。 (グラフ:国内加工食品市場...

対日コメ輸出で揺さぶりも  TPP復帰は困難か  米次期政権の対日通商政策の写真

対日コメ輸出で揺さぶりも  TPP復帰は困難か  米次期政権の対日通商政策

 米大統領選挙で当選が確実になったバイデン氏にとって、次期政権での最大の課題は、国民の分断の修復だ。従って通商政策においても、環太平洋連携協定(TPP)復帰のような国論を割る課題に直ちに着手するとは思えない。確かにTPP離脱を決めたのはトランプ政権だが、TPPに関しては民主党の左派も強く反対し...