つくる

新着ニュース

農業基本法改正案を提出  週間ニュースダイジェスト(2月25日~3月2日)の写真

農業基本法改正案を提出  週間ニュースダイジェスト(2月25日~3月2日)

 ▼23年出生数、最少75万人 人口減り幅過去最大(2月27日)  厚生労働省が発表した人口動態統計の速報値によると、2023年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は過去最少の75万8631人だった。初めて80万人を割った22年から5.1%減り、少子化が一段と進んだ。人口の自然減は83万1872人と最大...

山菜の季節が来た!  赤堀楠雄 材木ライター  連載「グリーン&ブルー」の写真

山菜の季節が来た!  赤堀楠雄 材木ライター  連載「グリーン&ブルー」

 2月初めに宮城県南部の山間地に赴いた際、たまたま入ったレストランで隣り合わせた人から、近くの道の駅で「ばっけ」が売りに出ていると聞いた。  「ばっけ」とは東北の方言でフキノトウのことである。熱湯をくぐらせたフキノトウを味噌(みそ)で和えた「ばっけ味噌」は、ほろ苦い味わいが箸休めによく、酒にも合う。...

ジビエで能登への思いも  畑中三応子 食文化研究家  連載「口福の源」の写真

ジビエで能登への思いも  畑中三応子 食文化研究家  連載「口福の源」

 「第8回ジビエ料理コンテスト」の結果が1月31日に発表された。駆除したシカとイノシシを食肉として活用するため、魅力的なレシピの開発を奨励し、ジビエ料理の普及を図るのが目的。私は第6回から審査員を務めている。  国産シカ・イノシシ肉を使ったおいしくて安全な料理であれば、和洋中エスニックのジャンルを問...

東日本大震災から能登半島地震へ 被災者たちの伝言  菅沼栄一郎 ジャーナリスト  連載「よんななエコノミー」の写真

東日本大震災から能登半島地震へ 被災者たちの伝言  菅沼栄一郎 ジャーナリスト ...

 奥能登の石川県輪島市の古民家で1月下旬の寒い夜、30人ほどの地元被災者らと向き合った際、東日本大震災の復興に携わった2人が話していた。  「この13年間、苦しいことばかりだった。もっとうまくできたのに、との反省ばかり。これから、復興を立ち上げる皆さんに経験を伝えたい」  宮城県石巻市雄勝町の阿部晃...

「農辞苑」の運用開始 農家向け課題解決ポータル JA系アグリベンチャーラボの写真

「農辞苑」の運用開始 農家向け課題解決ポータル JA系アグリベンチャーラボ

 JAグループのイノベーションラボである一般社団法人AgVenture Lab(アグリベンチャーラボ)は27日、農業者や農業団体向けの課題解決ポータルサイト「農辞苑」の運用を始めた。  農業を支援する数多くのサービスの情報を一元的に集約し、課題の解決策を提供、情報の提供者と利用者のマッチングを促進す...

日経平均株価が史上最高値  週間ニュースダイジェスト(2月18日~2月24日)の写真

日経平均株価が史上最高値  週間ニュースダイジェスト(2月18日~2月24日)

 ▼ウクライナ復興へ連帯 農業などで協力文書(2月19日)  岸田文雄首相は「日ウクライナ経済復興推進会議」で、ロシアの侵攻が続くウクライナの経済再建へ連帯を表明した。技術力や震災復興の経験を生かした「日本ならではの貢献」をアピールし、農業やデジタルといった7分野で計56の協力文書を交わした。  ▼...