暮らす

新着ニュース

22自治体でジビエ連絡協議会  振興へ施策提言  会長に平井鳥取県知事の写真

22自治体でジビエ連絡協議会  振興へ施策提言  会長に平井鳥取県知事

 鳥取県、山梨県など全国22の自治体は20日、シカやイノシシなど野生の鳥獣を食材として活用するジビエを振興して地方創生を目指すため、新組織「ジビエ振興自治体連絡協議会」を設立した。  この日、オンラインで設立総会を開き、会長に選出された鳥取県の平井伸治知事(写真=モニター画面内)...

「毎日食べられる」ブランド守る  コロナ禍で安心求める消費者に  信州ハム・宮坂社長インタビューの写真

「毎日食べられる」ブランド守る  コロナ禍で安心求める消費者に  信州ハム・宮坂...

 1947(昭和22)年に前身の久保商店が設立されてから、信州・上田でハム・ソーセージを作り続けて75年目を迎える信州ハム(本社・長野県上田市)。コロナ禍で大きく変わる食品市場への対応について、宮坂正晴社長に話を聞いた。  ―新型コロナウイルス感染拡大で食生活が大...

地域で守る農業用水  水資源循環の重要性実感  田中夏子 長野県高齢者生活協同組合理事長の写真

地域で守る農業用水  水資源循環の重要性実感  田中夏子 長野県高齢者生活協同組...

(写真はイメージ)  7年前から東京と長野県を行き来しながら、小さな農業を始めた。周りの山の森林から吹き寄せられる落ち葉や、卵の共同購入先の平飼い養鶏農家さんからいただく鶏糞を利用した土づくりをしている段階だ。  田んぼづくりは、敷地に隣接する放棄棚田を回復して挑戦...

学生が活躍するまち  イベント参加や子ども支援  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

学生が活躍するまち  イベント参加や子ども支援  陣内純英 西海みずき信用組合理...

 最近、大学生や高校生とかかわる機会が増えた。一つは、昨年夏の豪雨で被災した熊本県の人吉・球磨地域支援の取り組みだ。西海みずき信用組合が、長崎・佐世保の飲食店とともに行っている支援活動(えん卓プロジェクト)に佐世保西高の皆さんが参加してくれた。「総合的探究の時間」という学習科目なのだそうだ。<...

7月30日は「消費生活協同組合の日」  日本生協連が登録の写真

7月30日は「消費生活協同組合の日」  日本生協連が登録

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は13日、毎年7月30日を「消費生活協同組合の日」として登録したと発表した。消費生活協同組合法(生協法)の公布日である1948(昭和23)年7月30日に基づいて一般社団法人日本記念日協会に申請し、認められた。(写真=生協法の施行を知らせるポスター)...

「時間は等しく流れているのか」  2回目の「震災10年」を考える  山田昌邦 共同通信福島支局長の写真

「時間は等しく流れているのか」  2回目の「震災10年」を考える  山田昌邦 共...

 「震災10年」を被災地で迎えるのは2回目だ。阪神大震災から10年となった2005年1月は、共同通信神戸支局デスクとして赴任していた。そして今年3月、福島支局で東日本大震災10年に携わることになった。  10年が過ぎても、震災で家族や知人を亡くした悲しみが癒えることのないのは阪神...