暮らす

新着ニュース

「ポストコロナ」は地方創生  出町譲 ジャーナリストの写真

「ポストコロナ」は地方創生  出町譲 ジャーナリスト

 人がごった返す東京の風景が一変した。外国人観光客の姿は見えない。繁華街も、閑古鳥が鳴く。サラリーマンはテレワークに慣れた。人と出会えることこそが、東京の力の源泉だが、もろくも崩れたのだ。私はこの風景を見ながら、東京一極集中の終わりの始まりではないかと思った。  もちろん地方もコ...

漁師さんの〝サラメシ〟  小島愛之助 日本離島センター専務理事の写真

漁師さんの〝サラメシ〟  小島愛之助 日本離島センター専務理事

 新潟県最北の都市・村上市から北西35キロメートルの日本海上に位置する、面積9・78平方キロメートルの粟島が今回の舞台である。内浦と釜谷の2つの集落から成り、人口約350人のこの島は、全島が新潟県粟島浦村に属している。  新潟県本土側とは、粟島汽船が運航する所要85分のフェリーと...

製紙各社、飲料容器に注力 「脱プラ」受け、食品充填機メーカーと連携の写真

製紙各社、飲料容器に注力 「脱プラ」受け、食品充填機メーカーと連携

 インターネットの普及などを背景に、国内の紙需要が縮小する中、製紙各社が飲料容器などの紙容器化に注力している。海洋プラスチック問題が注目され、環境負荷を軽減する「脱プラ」が加速しており、ペットボトルや缶から紙容器化への動きや、長期保存が可能なことからフードロスが少ないアセプティック(無菌)分野...

急成長する代替肉  畑中三応子 食文化研究家の写真

急成長する代替肉  畑中三応子 食文化研究家

 ここ数年、アメリカで「ミート・アナログ」が注目を集めている。食肉代替品のことで、ミート・オルタナティブ、フェイク・ミートなど、いろいろな呼び名がある。動物の細胞から培養する人工肉の研究も進んでいるが、急成長しているのは植物性原料100%の代替肉だ。(写真は豆乳でそっくりに作った目玉焼きをのせ...

応援市民制度で街づくり  富山県南砺市「関係人口」創出   江波龍一 富士通総研チーフシニアコンサルタントの写真

応援市民制度で街づくり  富山県南砺市「関係人口」創出   江波龍一 富士通総研...

 東京一極集中化は日本が直面している大きな課題だ。地域への移住・定住施策を柱とする地方創生の限界も見えてきている。こうした中、"観光以上、移住・定住未満"という概念である「関係人口」に注目が集まっている。富山県南砺市では、いち早く「応援市民制度」という形で関係人口創出を行っている。筆者はこの制...

創造的過疎  出町譲 ジャーナリストの写真

創造的過疎  出町譲 ジャーナリスト

 徳島県の神山町といえば、地方創生の優等生といえよう。光ファイバー網の整備で、サテライト・オフィスが殺到し、注目を浴びているからだ。(写真は神谷町提供)  この町が新たな動きを見せている。「次世代型の高専」だ。私立の高専としては全国で4校目となる。2023年開校を目指す。修学期間...