暮らす

新着ニュース

ベトナム農村をNGOと支援  草ストローのハヤミ  NNAの写真

ベトナム農村をNGOと支援  草ストローのハヤミ  NNA

 完全生分解性の草ストローの販売を手掛けるHAYAMI(ハヤミ、神奈川県相模原市)は7日、ベトナムの農業支援の非政府組織(NGO)と同国の農村開発支援に向け協業すると発表した。  同社の草ストローの原料はベトナムの農村で栽培されており、多角的な支援を実施し持続可能な農業の実現に取...

東京圏転出超過をどうみるか  藤波匠 日本総合研究所調査部上席主任研究員の写真

東京圏転出超過をどうみるか  藤波匠 日本総合研究所調査部上席主任研究員

 7月、東京圏(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)の人口移動が転出超過となった。経済の中心である東京圏は、長らく転入超過で推移しており、転出超過は東日本大震災の影響が色濃く残っていた2012年12月以来となる。  今回は、新型コロナウイルスの感染拡大とリモートワークの普及により、...

人口増への仕掛けづくり  出町譲 ジャーナリストの写真

人口増への仕掛けづくり  出町譲 ジャーナリスト

 新型コロナをきっかけに、東京一極集中が是正されるという期待感が出ている。「3密の極み」東京から、人口の少ない地方へ人が流れるというのだ。  しかし、私はそんな単純なストーリーにはくみしない。どこの地方もそんな恩恵にあずかれるわけではない。口を開けていれば、人口が増えるわけではな...

被災地に向き合う〝よそ者〟駅長  山田昌邦 共同通信福島支局長の写真

被災地に向き合う〝よそ者〟駅長  山田昌邦 共同通信福島支局長

 福島県沿岸部の浪江町。この町役場の北側に8月、「道の駅なみえ」がオープンし、町内外から多くの人が訪れている。木材を多用した施設には地元産の野菜や生花、鮮魚のほか、伝統工芸の陶器「大堀相馬焼」なども並ぶ。来訪者がくつろげる談話室もあり、ガラス張りのフードテラスでは、2013年のB級グルメグラン...

コロナがもたらす明るい兆し  大西かおり NPO法人大杉谷自然学校校長の写真

コロナがもたらす明るい兆し  大西かおり NPO法人大杉谷自然学校校長

 夏の繁忙期だというのに、筆者が校長を務める大杉谷自然学校(三重県大台町)では宿泊を伴うキャンプをすべて中止にした。新型コロナウイルス感染防止のためだ。現在、実施する一般向け体験は、日帰りの家族向け川遊びだけである。全日満員だったが、ここ2週間でコロナ由来のキャンセルが相次いだ。 <p...

「密」と「にぎわい」  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

「密」と「にぎわい」  陣内純英 西海みずき信用組合理事長

 長崎県佐世保市のアーケード商店街は、直線につながったアーケードとして日本一だ。西海みずき信用組合の旧本店は、その一角にあった。  一般に金融機関の店舗は、平日午後3時以降と土、日曜日は閉まっている。商店街のにぎわいに水を差す存在だ。  ようやく昨年秋に本店を移転。...