食べ物語

   

新着ニュース

ワイン選びという冒険  石田敦子 エノテカ バイヤーの写真

ワイン選びという冒険  石田敦子 エノテカ バイヤー

 日々の生活の中で、私たちはたくさんの「選択」をしているが、「ワイン選び」は、ハードルが高く、そもそも選ばない、という方はまだまだ多いだろう。  どう選べばよいのか。どうレストランでオーダーすればよいのか。  値段、味わい、どれが自分に合っているのか。ワインは日常的というよりも、...

家庭でもオススメは一人鍋?  消えた

家庭でもオススメは一人鍋?  消えた"鍋を囲む風景"  タカコナカムラ ホールフ...

 冬の料理といえば「鍋料理」ですが、家族や仲間たちと鍋をつつきながら一杯という風景は幻となりつつあります。  コロナ禍で、忘年会も激減、鍋料理は一人ずつ小さい鍋で食べるようになり、鍋を囲む風景が消えたのではないと考えています。(写真:ホールフード協会提供)  鍋料理...

トップクラス目指すチーズ  畑中三応子 食文化研究家の写真

トップクラス目指すチーズ  畑中三応子 食文化研究家

 11月11日は「チーズの日」である。古代の日本では酪農が行われ、飛鳥時代の西暦700年10月、文武天皇が「蘇」を製造して税として納める勅命を全国に発した。蘇は牛乳を10分の1程度に煮詰めて固形にしたもので、長く保存できた。チーズの元祖のような食品と考えられることから、新暦の11月に置きかえ、...

「和牛の羊肉」ってなに?  謎の都・豪キャンベラの和食事情の写真

「和牛の羊肉」ってなに?  謎の都・豪キャンベラの和食事情

 オーストラリア・キャンベラの和食事情について、同地にある在豪日本大使館の経済班・広報文化班が報告する。  農業に関するトリビアを御紹介したいと思います。キャンベラは、シドニー、メルボルン間でややシドニー寄りに位置する人口35万人の首都です。政治と行政の中心ですが...

京料理は意外と...  木下祐輔 アジア太平洋研究所調査役の写真

京料理は意外と...  木下祐輔 アジア太平洋研究所調査役

 政府による緊急事態宣言解除から約半年が経過した。7月から8月にかけて東京や大阪を中心に広がった第2波は、8月中旬ごろにピークとなり、10月下旬段階では感染者数はある程度落ち着いたように見えた。  感染が急拡大した半年前と比べると大きく変わったことがある。それは、われわれ自身がウ...

バイヤーは資格ではない   石田敦子 エノテカバイヤー の写真

バイヤーは資格ではない   石田敦子 エノテカバイヤー

 私が買い付けを担当する産地の一つはフランスのボルドーだ。2年弱ワイン留学をした場所で、今ある自分のベースが詰まっている。  ボルドーは世界を代表するワイン産地である。大学の新卒で入社したエノテカを一度退職してからの留学だった。「本場」での経験や学びがどうしてもワインの仕事を続け...

食べ物あれこれ(ナ行)  落語の森  紫紺亭圓夢の写真

食べ物あれこれ(ナ行)  落語の森  紫紺亭圓夢

 七草がゆが登場する噺が「七草」、二代目金翁を襲名披露興行中の四代目三遊亭金馬師(91歳)が正月の寄席でよく演っていた。初席の風物詩といった感のある小噺のようなこの噺、息子のこちらも披露目中の金時改め五代目金馬師も聴かせてくれるのか。  鍋も「二番煎じ」などよく噺に出てくるが、変...

連載「プロの眼」 心尽くしのおもてなし  極上のインド家庭料理  小林真樹  NNAの写真

連載「プロの眼」 心尽くしのおもてなし  極上のインド家庭料理  小林真樹  N...

 「うちで食べる料理がやっぱり一番です」。これまでどこで食べた料理がおいしかったかとインド人に聞いてみると、こうした答えが異口同音に返ってきます。インド人にとって家庭料理は他に代えがたい大切なものです。「おうちカレー」をおいしく感じるのは日本人にも分かる気がしますが、本場インドの場合は味以外に...

情報化時代のおいしさとは  山下弘太郎 キッコーマン国際食文化研究センターの写真

情報化時代のおいしさとは  山下弘太郎 キッコーマン国際食文化研究センター

 中秋を過ぎて盛秋へと季節が移りました。暑さも一段落していろいろと活動しやすい季節です。今回のテーマとしてはやはり、食欲の秋でしょう。  しかし、いつもはみずみずしく甘み豊かな梨を味わう季節なのですが、今年は寂しい思いをしました。  夏場は梅雨時期の雨が野菜の生育に...