食べ物語

   

うんちく

連載「プロの眼」 最終回  食の習慣は食材で変わる   インド食文化の原点回帰  小林真樹  NNAの写真

連載「プロの眼」 最終回  食の習慣は食材で変わる   インド食文化の原点回帰 ...

 さまざまな食習慣や食の戒律を持つ外国人が日本という異国の地に来て、真っ先に直面するのがそれまで当たり前に摂取してきた食材の確保です。彼らは日本で食材をどのようにまかなってきたのか。習慣や戒律の問題をどう解決し、どう妥協してきたのか。最終回は、食材を通じて垣間見える日本の南アジア系コミュニティ...

語れる産地ピエモンテ  石田敦子 エノテカバイヤーの写真

語れる産地ピエモンテ  石田敦子 エノテカバイヤー

 「ワイン業界のトレンドは?」そう聞かれることは多いがコロナ禍における「家飲み」の影響はワインビジネスとしても大きい。個人的にも、ワインの消費はもちろん、グラス、ナイフ、フォーク、お皿、仲間入りしたグッズが増えた。  「ワインの産地や種類」という軸で考えると、なかなか流行色のよう...

もう一つのしょうゆ、魚醬  山下 弘太郎 キッコーマン国際食文化研究センターの写真

もう一つのしょうゆ、魚醬  山下 弘太郎 キッコーマン国際食文化研究センター

 暦は立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。特に日本海側は雪が多くて大変な思いをされていると思います。数年前、金沢を訪れた時にタクシーの運転手さんから「最近は雪が降らなくなった」と聞いていたのでニュースを見て驚きました。温かいものを食べながら乗り切りましょう。  貝焼き...

納豆の普及を進めたモノ  畑中三応子 食文化研究家の写真

納豆の普及を進めたモノ  畑中三応子 食文化研究家

 1月にテレビ朝日系列で、納豆を特集する情報バラエティー番組が放映された。印象的だったのは、納豆が「いま大ブーム」と紹介されていたこと。たしかにスーパーなら10種以上、コンビニでも3、4種、大豆の種類や粒の大小、タレの味、機能性など、さまざまなタイプが並び、選ぶのに悩むほどの活況だ。(写真:大...

連載「プロの眼」 日本のインド料理店(下)  IT系が広げた南の食味  小林真樹  NNAの写真

連載「プロの眼」 日本のインド料理店(下)  IT系が広げた南の食味  小林真樹...

 前回は2000年代に日本で台頭してきたネパール人経営者によるインド料理店を紹介しました。他ジャンルのメニューを果敢...

アートと大アサリ  にぎわう愛知・佐久島  小島愛之助 日本離島センター専務理事の写真

アートと大アサリ  にぎわう愛知・佐久島  小島愛之助 日本離島センター専務理事

 愛知県西尾市の一色港から市営高速船で約20分、西尾市一色地区から南に約8㌔の距離にあり、三河湾のほぼ中央に位置しているのが佐久島、面積1.73平方㌔㍍、人口234人のアートの島である。  海岸線延長は11.5㌔</...

免疫力アップ「みそ」で  旬の食材、自分で料理  タカコナカムラ ホールフード協会代表理事の写真

免疫力アップ「みそ」で  旬の食材、自分で料理  タカコナカムラ ホールフード協...

 コロナ禍で良かったことは、家でご飯を食べる機会が増えたこと。料理をする人が増えたことです。会員制交流サイト(SNS)で気になるワードは「免疫」ではないでしょうか?今回は免疫力をアップする食べ物を紹介します。  私には幸いにもドクターの友人が多く、新型コ...

ブルゴーニュの冬が恋しい  石田敦子 エノテカバイヤーの写真

ブルゴーニュの冬が恋しい  石田敦子 エノテカバイヤー

 2020年、最初で最後の出張は、1月のフランス・ブルゴーニュだった。ワインの聖地と呼ばれ、絶大な人気を誇る銘醸地だ。  毎年、年に2度ほどブルゴーニュを訪れているが必ず1回は真冬。深々と冷え込み、ものすごく寒いが、生産者とゆっくり会話ができ商談ができる。冬のブドウ畑は、秋の収穫...

「密」避けて探訪  中川克史 共同通信編集委員の写真

「密」避けて探訪  中川克史 共同通信編集委員

 立ち食いそばが面白い。  老齢も視野に入り健康を維持するためにと主治医から1日8000歩を歩くように指示されている。これがなかなか難しい。  私の場合、通常の通勤の往復は3800歩ほど。帰宅時に出勤時の下車駅より1駅分遠くまで歩き、自宅近くの駅から1駅分手前で降り...