食べ物語

   

新着ニュース

食べ物あれこれ(ヤ行~ワ行)  落語の森  紫紺亭圓夢の写真

食べ物あれこれ(ヤ行~ワ行)  落語の森  紫紺亭圓夢

 「風流だなァ」を連発しながら、インチキ茶道に人々を誘い込むのが「茶の湯」。倅(せがれ)に家督を譲って根岸に隠居生活を始めた大店(おおだな)のご隠居「何か物足りない」と長屋の連中に怪しげな茶の湯の指導。小僧の定吉と「風流だなァ」と言いながら芋を練って灯し油を塗った名付けて利休ま...

糖質、カロリー控えめで人気  オートミール、レシピも多様に  畑中三応子 食文化研究家の写真

糖質、カロリー控えめで人気  オートミール、レシピも多様に  畑中三応子 食文化...

 健康食、ダイエット食として、オートミールの人気が急上昇中だ。英米では牛乳でかゆ状に煮たポリッジ(porridge)を朝食に食べる。これまでは「ドロドロ、べちゃべちゃしてまずい」というイメージが強かったが、レシピのバリエーションが増えて見違えるほどおいしく食べられるよ...

作り置きしない人のために  魔法の調味料でおいしく  タカコナカムラ ホールフード協会代表理事の写真

作り置きしない人のために  魔法の調味料でおいしく  タカコナカムラ ホールフー...

 今年のノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎さんが、インタビューで「日本料理で何が食べたいですか」と問われ、「おいしい料理とそれに合うお酒があればいい」とお答えになり、私と同じ意見、と猛烈に親しみを感じてしまいました。  四季折々の旬の食材とそれに合う酒を夫婦で飲み、いい音楽でもあ...

獲りたてのマグロ生かす「ひゅうが丼」  大分・保土島の郷土料理  小島愛之助 日本離島センター専務理事の写真

獲りたてのマグロ生かす「ひゅうが丼」  大分・保土島の郷土料理  小島愛之助 日...

 大分県津久見市の津久見港から北東約14㌔、四浦半島沖の豊後水道に浮かぶのが保戸島である。周囲約4㌔、面積0.86平方㌔であり、標高179㍍の遠見山を頂点として急傾斜地が海岸に迫り、ほとんど平地がみられない。  このため、西側の海岸に迫る急斜面に3階建てのコンクリート造りの家がひ...

いぶし銀のような魅力  ブーム再燃のサバ缶  畑中三応子 食文化研究家の写真

いぶし銀のような魅力  ブーム再燃のサバ缶  畑中三応子 食文化研究家

 長引くコロナ禍と相次ぐ自然災害で、缶詰が見直されている。ここ10年で驚くほど種類が増えたおつまみ缶も、家飲み需要でますます人気だが、いぶし銀のような魅力を発揮しているのが、そのままおかずになり、料理素材としても便利に使える昔ながらの水産缶詰。中でもブームが長く続いているのがサバ缶である。 ...

食べ物あれこれ(マ行)  落語の森  紫紺亭圓夢の写真

食べ物あれこれ(マ行)  落語の森  紫紺亭圓夢

 マタタビ、ご存じでしょうか。「マタタビ科のつる性落葉低木。果実は長円形で、食用・薬用。ネコはこれを好む」と福武国語辞典にある。  「マタタビをなめさせて、奥へ寝かせてあります」と言われるのが「金明竹」に登場の道具屋の主人。言ったのは、「与太郎」...

手抜きでもプロの味  常備したい5つの調味料  タカコナカムラ ホールフード協会代表理事の写真

手抜きでもプロの味  常備したい5つの調味料  タカコナカムラ ホールフード協会...

 東京などではコロナ禍の緊急事態宣言が9月末まで延長され、「おうちごはん」の機会がまだしばらく多くなりそうです。先の見えない不安、不満でいっぱいですが、そんな中、おいしいのに簡単にできる和食のレシピ...

「ピンス」で猛暑乗り切る  韓国のかき氷は大盛り  平井久志 ジャーナリストの写真

「ピンス」で猛暑乗り切る  韓国のかき氷は大盛り  平井久志 ジャーナリスト

 韓国で14年ぶりに生活しているが、今年の夏が一番きつかったように思う。過ぎた韓国の夏を想いながら、お世話になったのは「ピンス」だなあと思った。漢字では「氷水」と書くが、韓国の「かき氷」だ。  日本の「かき氷」と何が違うのかと言うと、日本のかき氷は荒く削るが、韓国のピンスはもっと...

島で受け継がれる鍋  福岡・宗像大島の名物  小島愛之助 日本離島センター専務理事の写真

島で受け継がれる鍋  福岡・宗像大島の名物  小島愛之助 日本離島センター専務理...

 福岡県宗像市の神湊港から北西約6.5㌔の海上に位置するのが宗像大島。筑前大島ともいい、福岡県に八つある有人離島の中では面積(約7.2平方㌔㍍)が最大の島である。  島の面積の約半分が丘陵地であり起伏が激しく、中央部にある御嶽山(標高224㍍)が島の最高峰である。島の東側には本土...