暮らす

田園・地方分散

アンテナショップも情報発信  地域が取り組むSDGs  畠田千鶴 地域活性化センターの写真

アンテナショップも情報発信  地域が取り組むSDGs  畠田千鶴 地域活性化セン...

2015年の国連サミットで加盟国の全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、日本各地でも地域特性に合ったゴールを設け、2030年の達成を目指している。内閣府が2021年度に行った全国アンケート調査では、自治体の52.1%が「地方創生SDGs達成に向けて推進している」と報告された。 都内...

まき続けた「小農」の種  山下惣一さん死去  共同通信アグリラボ所長 石井勇人の写真

まき続けた「小農」の種  山下惣一さん死去  共同通信アグリラボ所長 石井勇人

農作業に従事しながら小説やルポを発表、小規模農家の重要性を訴えて続けてきた山下惣一さんが7月10日、亡くなった。86歳。佐賀県唐津市の自宅で肺がんの療養を続けていた。 玄界灘に面した同市湊町の自宅を訪ねたのは2016年11月だった。食卓を挟んだ大型テレビに向かって、大相撲九州場所で活躍する地元の大...

イノベーション、人材活用を活路に  中小企業革新で地方創生  藤波匠 日本総合研究所調査部上席主任研究員の写真

イノベーション、人材活用を活路に  中小企業革新で地方創生  藤波匠 日本総合研...

2年以上に及んだコロナ禍も、ようやく収束がみえてきました。観光・飲食業をはじめ地方で事業を展開する中小企業にとって、長かったトンネルの先に光明がみえてきた状況かもしれません。 今後中小企業には、アフターコロナにおける地域経済をけん引する中核的な存在として、生産性向上や雇用の拡大に向けた取り組みが求...

画像がつなぐ人と人  写真文化首都・東川町  沼尾波子 東洋大学教授の写真

画像がつなぐ人と人  写真文化首都・東川町  沼尾波子 東洋大学教授

北海道東川町は北海道のほぼ中央に位置する、人口約8000人の町である。町の東部は山岳地帯で大規模な森林地域を形成し、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部となっている。旭川市と隣接するこの町はいま、人口減少を食い止め、多くの若い世代を呼び込む。何が人を引きつけるのだろう。 東川町の地域振...

地酒でつながる  自治体アンテナショップで気軽に  畠田千鶴 地域活性化センターの写真

地酒でつながる  自治体アンテナショップで気軽に  畠田千鶴 地域活性化センター

新型コロナの発生前の東京では、サクッと飲める「立ち飲み屋」がちょっとしたブームとなり、たそがれ時には、ホッピーと焼き鳥がメインの昭和を感じさせる酒場や、酒屋の店内で飲む角打ち、スペインバルなどが仕事帰りの人々でにぎわっていた。今年3月にまん延防止等重点措置期間が解除されて以降は、営業を再開する店も...

手仕事が支える暮らし  民芸館から学ぶ  田中夏子 長野県高齢者生協理事長の写真

手仕事が支える暮らし  民芸館から学ぶ  田中夏子 長野県高齢者生協理事長

地元の長野県佐久で、私が足しげく通う場所の一つが「平和と手仕事 多津衛民芸館」(以下「民芸館」と表記)です。1995年夏、多くの市民が思いと労力、資金を寄せて建設された館で、初代の館長さんは小林多津衛さん(1896~2001年)。民芸館の活動については、ぜひ同館のウェブサイトをご覧ください。 私も...