暮らす

田園・地方分散

デジタル化で新たな挑戦  都内の自治体アンテナショップ  畠田千鶴 地域活性化センターの写真

デジタル化で新たな挑戦  都内の自治体アンテナショップ  畠田千鶴 地域活性化セ...

東京都内の自治体アンテナショップ62店舗(2021年4月1日現在)の実態調査の結果を地域活性化センターが発表した。 店舗数、開設目的・効果、年間売上額、入館者数など34項目の調査結果である。 20年度の年間売上額は、新型コロナの感染拡大の影響で大きく減少した。19年度には1億円以上売り上げた店舗が...

自然と調和した産業づくり  北海道・紋別、なるか「第二東京」  伊藤正人 北海民友新聞社長の写真

自然と調和した産業づくり  北海道・紋別、なるか「第二東京」  伊藤正人 北海民...

平成元年から現在までの33年あまり、最大震度が一番低い震度1を記録したマチは、北海道北東部の滝上町と西興部村のみだ。二つのマチは隣接し、オホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別市を中心とする地域=紋別郡に属する。一方、首都圏では、巨大地震などの災害襲来が懸念される中、安心安全な地域への企業移転・移...

会話できるカフェが好き!  Z世代の「コト消費」  陣内純英 西海みずき信用組合理事長の写真

会話できるカフェが好き!  Z世代の「コト消費」  陣内純英 西海みずき信用組合...

私は、東京を離れ地方に移り住んでから、ずっと観光客気分が抜けない。せっかく地方に来たのだから、その土地のうまいものを食べ、地元のお店で買い物をしたいと思い、それを実践している。コンビニとか全国展開のファストフード店はほとんど利用しない。服も買う場合は地場の百貨店。ネットで買ったことはない。 これに...

21年産はコロナ克服もテーマ  震災復興支援の日本酒「絆舞」の写真

21年産はコロナ克服もテーマ  震災復興支援の日本酒「絆舞」

全国47都道府県産のコメで造った日本酒「佳酔(かすい)絆舞(きずなまい)」の2021年産は、「芳醇かつ透明感があり、フルーティーで豊かな甘み」(曙酒造=福島県会津坂下町)に仕上がった。 絆舞の開発は東日本大震災と熊本地震の被災地復興支援をきっかけに始まり、全国計211地域のコメをブレンドして造って...

農村行脚のすすめ  カギ握る1人区動向  小視曽四郎 農政ジャーナリストの写真

農村行脚のすすめ  カギ握る1人区動向  小視曽四郎 農政ジャーナリスト

今夏の参院議員選挙は、自民党・岸田文雄総裁、立憲民主党・泉健太代表の命運がかかる。 参院選を前に、与野党双方のトップにはぜひ、農村・地方行脚をおすすめしたい。喧騒の都会を離れ、地酒片手に岸田氏念願の「車座」談義で生の農家の苦労や愚痴に、得意の聞き耳を立ててはいかがか。 勉強になるのは間違いないし、...

「ゼロ・ウェイスト」社会をつくる  徳島・上勝町の試み  沼尾波子 東洋大学教授の写真

「ゼロ・ウェイスト」社会をつくる  徳島・上勝町の試み  沼尾波子 東洋大学教授

葉っぱビジネスで知られる徳島県上勝町。この町は最近、もう一つの取り組みで注目を集める。それがゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)運動だ。 ゼロ・ウェイストとは、浪費や無駄、廃棄物をなくし、ごみを出さない生産と消費のシステムを構築していくというもの。上勝町ではこれをまちづくりの理念の一つと位置付け、2003...