暮らす

大阪・摂津に「わーくはぴねす農園」  90人の障がい者雇用支援

2021.05.28

大阪・摂津に「わーくはぴねす農園」  90人の障がい者雇用支援の写真

 エスプールプラス(東京都千代田区)は6月1日、障がい者の就労を目的とした企業向け貸農園「わーくはぴねす農園」を大阪府摂津市でオープンする。同社が関西地区で開園するのは初めて。

 「ソーシャルファーム わーくはぴねす農園 Plus おおさか摂津」(同市鶴野)は3階建て(写真:同社提供)で、計約1700平方㍍の広さ。屋内型の水耕栽培で野菜を生産する。

 参画企業30社(最大)が雇用する障がい者90人(同)が一般就労する。サポートスタッフとして高齢者や主婦を中心に約30人が加わる。

 エスプールプラスの「わーくはぴねす農園」は全国に24施設あり、農園を利用する331社の企業に就職した1900人超の障がい者が、ホウレンソウやトマトを生産している。

 同社は6月1日、名古屋市中川区でも「ソーシャルファーム わーくはぴねす農園Plus 名古屋」を開園する予定。参画企業は34社(同)、障がい者は102人(同)。


関連記事
屋内型の障がい者農園スタート 雇用率達成へ、都内で初
福祉と農業の連携、高い次元へ 労働力確保から共生社会目指す

最新記事