つくる

政策

「大豆肉」のトップランナーへ  原料調達は課題  前田佳栄 日本総合研究所創発戦略センターコンサルタントの写真

「大豆肉」のトップランナーへ  原料調達は課題  前田佳栄 日本総合研究所創発戦...

人口増加や経済発展によるたんぱく質の供給不足が世界的に懸念されている中で、代替肉への関心が高まっている。代替肉には、大豆やえんどう豆などの植物性の原料を本物の肉に似せて加工したものと、動物の可食部細胞を組織培養したものの2種類があり、家畜を殺すことなく「製造」できることが特徴だ。(写真はイメージ)...

シェフの

シェフの"2本の手"  資源守り食文化を未来へ  佐々木ひろこ フードジャーナリ...

2017年5月に活動をスタートした私たちChefs for the Blueは、東京のトップシェフ約30人と事務局で編成したチームだ。日本の水産資源を守り、私たちの食文化を未来につなぐことを目標に掲げ、さまざまなプロジェクトに関わって5年目になる。 私がシェフたちと一緒に啓発活動をしていると話すと...

治水・利水へ水力発電増強を  JAPIC提言、既設ダム運用高度化からの写真

治水・利水へ水力発電増強を  JAPIC提言、既設ダム運用高度化から

日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)は24日、水害対策(治水)と田畑などへの水供給(利水)を両立し、温室効果ガスの削減にもつながる水力発電の増強を求める提言を発表した。(写真はイメージ) この提言はJAPICの水循環委員会(委員長:関克己河川財団理事長)が、「激化する気候変動に備えた治水対策の...

どうする担い手不足  迫られる農政転換  小視曽四郎 農政ジャーナリストの写真

どうする担い手不足  迫られる農政転換  小視曽四郎 農政ジャーナリスト

5年に一度の農林業センサスで農業就業者数の減少が深刻だ。新規就農者数(2019年)も全体では横ばいだが、うち49歳以下は2年続けて2万人を割り、農業の担い手不足に不安が高まっている。(写真はイメージ) 農業白書はコロナ禍を受け「食料自給率向上や食料安保への期待が高まっている」としたが、農業現場の実...

「北の国から」にみる農業史  黒板五郎の夢かなうか  藤波匠 日本総合研究所調査部上席主任研究員の写真

「北の国から」にみる農業史  黒板五郎の夢かなうか  藤波匠 日本総合研究所調査...

(写真:富良野市=2017年6月、石井勇人撮影、以下同) 今年3月、俳優の田中邦衛さんが88歳で亡くなった。昭和から平成にかけ、数多くの映画やドラマを彩ってきた名優であるが、代表作はなんといってもドラマ「北の国から」である。 「北の国から」は、田中邦衛さん演じる黒板五郎が、純と蛍、2人の子どもを連れ...

有機農産物、フードロス対応の需要も取り込み  拡大する産直市場  田中宏和 矢野経済研究所フードサイエンスユニット上級研究員の写真

有機農産物、フードロス対応の需要も取り込み  拡大する産直市場  田中宏和 矢野...

(写真はイメージ) 「産直」とは従来の卸売市場を経由せず、産地と消費者、小売事業者、食品メーカーなどが直接、取引する流通形態を指し、産直農産品とはそこで流通する国産青果物のことをいう。 かつて農産品流通は、卸売市場を経由するのが一般的であった。商店街には八百屋が多数あり、その多くは卸売市場の主要な顧...