つくる

冷凍食品出荷、家庭用が大幅増  2020年、業務用上回る

2021.04.22

冷凍食品出荷、家庭用が大幅増  2020年、業務用上回るの写真

 日本冷凍食品協会が21日発表した2020年の家庭用冷凍食品の国内出荷額(速報値)は、前年比18.5%増の3749億円と過去最高となった。「巣ごもり需要」が押し上げたとみられる。(写真はイメージ)

 一方で業務用は14.1%減の3279億円と、1986年以来の低水準に落ち込んだ。外食店の営業自粛などの影響とみられる。家庭用が業務用を上回るのは初めて。

 生産量は家庭用が11.4%増の77万1265㌧、業務用は13%減の77万9948㌧と、ほぼ同水準だった。

 品目別の生産量では、チャーハン(19.5%増)、ギョウザ(9.6%増)、スパゲッティ(8.8%増)など、家庭用需要が多い品目が伸びた。

最新記事