つくる

高専とクラフトビール開発  和歌山ブルワリー

2022.05.09

高専とクラフトビール開発  和歌山ブルワリーの写真

 クラフトビールを醸造する和歌山ブルワリー(和歌山市)は、和歌山県で勉学に励む若者の知識・技術向上を目的に、国立和歌山高専(御坊市)と協定を結び、桜の酵母を使ったクラフトビール商品を学生と一緒に開発するとこのほど発表した。

 御坊市道成寺の入会桜や、クマノザクラから単離した酵母を使用する。この酵母の抽出は和歌山高専の研究活動で実現した。酵母も含め大麦、ホップなど原料はすべて和歌山県産を使用。クラフトビールの開発・販売を通じて「地域活性化にも寄与したい」としている。

(Kyodo Weekly・政経週報 2022年4月25日号掲載)

最新記事