つくる

キャンパスで養蜂  千葉商科大、地元と協力

2022.05.09

キャンパスで養蜂  千葉商科大、地元と協力の写真

 千葉商科大(千葉県市川市)は3月下旬、市川キャンパスで養蜂事業を始めた。(写真はイメージ)

 花粉交配の役割を持つミツバチを迎えてキャンパス周辺の緑化や生態系維持のほか、蜂蜜の販売や地元菓子店・レストランと協力した蜂蜜使用の商品開発など、地元の活性化を目指しているという。

 ハチの世話や蜂蜜の採集、商品開発は、大学創立100周年に向けて市川市産のオリジナルワインの醸造を目指す「CUC100ワイン・プロジェクト」の学生たちが、都市養蜂に取り組む「銀座ミツバチプロジェクト」の全面的支援を受けて行う。

 地域の住民や子どもたち対象の草花観察会や採蜜体験会、ミツバチ観察会なども計画している。3月に巣箱は5箱分のセイヨウミツバチハチを放った。4~8月に採蜜するとしている。

(Kyodo Weekly・政経週報 2022年4月25日号掲載)

最新記事