グローバル

インドネシア最大手が新工場  敷島製パン出資のニッポン・インドサリ  NNA

2021.09.08

インドネシア最大手が新工場  敷島製パン出資のニッポン・インドサリ  NNAの写真

 インドネシアの製パン最大手で、敷島製パンが出資するニッポン・インドサリ・コーピンドは6日、国内15カ所目となるリアウ州プカンバルの新工場が来年初頭に完成する予定と明らかにした。来年初頭には、南スマトラ州パレンバンの既存工場の拡張工事も完了する予定。(写真:同社のHPより)

 ニッポン・インドサリのイダ財務取締役によると、通年の設備投資予算1500億ルピア(約11億6000万円)のうち、上半期(1~6月)に83%に当たる1240億ルピアを投じた。イダ取締役は「国内でパン製品の需要が拡大することを見込んで、生産拡張の取り組みを行った」と説明した。

 ニッポン・インドサリは現在、国内で14工場を操業しており、パンの日産能力は合計500万個。

 ニッポン・インドサリの上半期決算は、売上高が前年同期比7%減の1兆5567億ルピア、純利益が33%増の1218億ルピアだった。新型コロナウイルスの流行下でも、物流効率化や適切な広告宣伝戦略、生産性向上などに取り組み、運営コストを削減できたことが増益につながった。(NNA)

最新記事