グローバル

キリン合弁が生産停止  ミャンマーでデモ対応  NNA

2021.02.09

キリン合弁が生産停止  ミャンマーでデモ対応  NNAの写真

(写真はイメージ)

 キリンホールディングス(HD)のミャンマーのグループ会社は8日、最大都市を管轄するヤンゴン管区での工場の生産活動を停止した。国軍のクーデターに反対する抗議デモが広がっており、従業員の安全を優先する。現地の日本人駐在員も、早期に帰国する。

 キリンHDの広報担当者によると、停止したのは合弁会社ミャンマー・ブルワリー(MBL)の工場。「今後の稼働再開は、状況を踏まえて判断する」とした。

 キリンHDは国軍系複合企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)をパートナーに、ミャンマーでMBLとマンダレー・ブルワリー(MDL)の2社を経営している。第2の都市マンダレーを基盤とするMDLは、8日時点で稼働を続けている。今後については「日々の状況を踏まえて判断する」。

 2社の製造・物流関連以外の部門は、クーデターが発生した2月1日から在宅勤務に切り替えている。

 キリンHDはミャンマーに駐在するグループの従業員に、早期の帰国を指示した。日本政府が発出する現地情勢に関する情報に基づき、従業員の安全確保のため決定したという。具体的な帰国の日程は未定。広報担当者によれば、駐在員の大部分は新型コロナウイルスの影響で既に退避したが、グループ会社の1人が残留しているという。

 国軍のクーデターについてキリンHDは「(同社の)ビジネス規範や人権方針に根底から反する」と指摘。国軍系のMEHLとの合弁事業の提携を解消する方針を既に発表している。(NNA)

最新記事