グローバル

新着ニュース

グリーン・マンデーが日本市場参入  香港発の植物代替肉  NNAの写真

グリーン・マンデーが日本市場参入  香港発の植物代替肉  NNA

 植物由来の人工肉を手掛ける香港のグリーン・マンデーは2日、日本市場に本格参入すると発表した。ひき肉の代替食品であるオムニミートを販売する。  オムニミートはエンドウ豆や非遺伝子組み換え大豆、シイタケ、コメの植物性タンパク質をブレンドした人工肉。ハンバーグをはじめ、さまざまな料理...

アジアの愛犬まっしぐら  タイ発昆虫ペットフード  NNAベトナムの写真

アジアの愛犬まっしぐら  タイ発昆虫ペットフード  NNAベトナム

 タイで、昆虫のタンパク質から作ったペットフードが登場した。昆虫は食品工場などから出た食品廃棄物を餌に育てる。飼育段階で二酸化炭素(CO²)の排出が多い牛や鶏などの動物肉よりも環境負荷は小さいとされ、広がりつつある。新型コロナウイルス禍の中、ペットの飼育が増えていることも追い風になりそうだ。<...

「食料安全保障指標」日本は9位  英誌エコノミストのランキングの写真

「食料安全保障指標」日本は9位  英誌エコノミストのランキング

 英誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が公表した食料安全保障指標(Global Food Security Index)の最新版(2020年)によると、日本は調査対象の113カ国の中で9位だった。食料の購買力や食品の品質・安全性で高く評価された。(...

豪州一番乗りは「岐阜いちご」  知事らの取り組み実る  NNAオーストラリアの写真

豪州一番乗りは「岐阜いちご」  知事らの取り組み実る  NNAオーストラリア

 昨年8月に日本とオーストラリアが検疫条件に合意し、日本産イチゴのオーストラリア向け輸出が可能になったことを受けて、岐阜県がいち早く動き出した。同県のイチゴ生産者「本丸いちご本圃」とJA全農岐阜は県の支援を得て、オーストラリアが定める輸出の諸条件を解決し、25日にオーストラリアに向けて初出荷を...

小規模農家に利益もたらす?  広がる契約農業  連載「アフリカにおける農の現在(いま)」第8回の写真

小規模農家に利益もたらす?  広がる契約農業  連載「アフリカにおける農の現在(...

 前回(第7回)は、アフリカで近年見られる傾向として、高付加価値の野菜輸出が増加していることに注目した。アフリカから輸出される農作物は、大規模農場で生産されるものもあるが、小規...

「軍のビール」店から消える  ミャンマー、拒否感から不買が拡大  NNAの写真

「軍のビール」店から消える  ミャンマー、拒否感から不買が拡大  NNA

 軍事クーデターへの抗議が続くミャンマーで、国軍系企業の手掛けるブランドの不買運動が拡大している。最大都市ヤンゴンの小売店の大半では、最も市民に浸透していた国軍系複合企業のビール銘柄「ミャンマービール」が棚から消えた。一方、市民団体によると、人権擁護の観点からクーデター後の事業環境に懸念を表明...